【動画】『全ての成功者に共通する思考法』から考えられること

4.5
雑記


ある方におすすめされた動画が非常に勉強になったので、簡単にまとめます。


その動画がこちら。


「成功者」という言葉を聞くとあなたはどんなイメージを思い浮かべますか?

そのイメージは人それぞれですが、そのどれにも当てはまり、活用できる、根本的な考え方が学べる動画です。

結論、成長思考さえ維持すれば、あなたは死ぬまで成長し続けることができる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

導入:ほぼ全ての成功者に共通する思考がある


スタンフォード大学の心理学者が20年以上の研究を通じて、「ほぼ全ての成功者に共通する思考がある」ことを証明した。

それは「成長思考」と名付けられた思考。

この思考は” 自分の能力や知力は努力次第で伸ばせる”という考えのこと。


この思考と相対するのが、「固定思考」で、”自分の能力や知力は生まれながらの才能である”という考えのこと。



なぜ成功するためには成長思考が必要なのか。

具体的にどのようにして成長思考を身につけるのか。



これらの内容が簡潔かつ分かりやすくまとめられているので、ぜひ動画を見てください。



さて、ここからは僕のアウトプットになります。

固定思考の人間が成長できるはずがない


まず感じたのはこのこと。

固定思考に囚われてしまったが最後、その人が継続的に成長していくことはほとんど不可能だろうな、という。

例えばブログをこうして書いていて、人に読んでもらえる文章が書けない、と思った時。

固定思考だと「自分には才能がないから、人に読んでもらえるような文章が書けないんだ」という思考になります。

そして、才能の問題だと考えているので、そこに努力の余地はありません。

選択肢は「諦めてやめる」か「だらだら続ける」の二択のみです。

この思考のどこに成長の余地があるのかということ。一切ないですよね。

こう考えると、本当に固定思考の人なんてそうそういないだろう、と思うかもしれませんが、実は僕たちは「自分にはできるはず」という異なる形の固定的な思考には度々陥っていんじゃないかと僕は思っています。

例えば見栄を張ったり、素直に「できない」と言えずに言い訳をしたり、自分の失敗を認められず他人のせいにしてしまったり。

これらは現状の自分の能力の低さを認められず、「自分の能力は高いんだ」と誇示したいという意識が働いていることが原因でしてしまう行動ですよね。

その意識が固定的だと思うのです。

逆に、成長思考ができていれば、自分の能力が低いのは自分の努力不足、という認識をするので、能力を高く見せようとするのではなく、どうすれば能力を上げることができるかを考えるはずです。

この考え方なら、見栄を張ることもないし、素直に「できない」と言えるし、自分の失敗は能力不足が原因で当然だ、という考えになるはずですよね。

だから、我々はなんだかんだ固定思考ではなくとも、固定的に物事を捉えてしまっていることがあるんじゃないか、という話。

僕自身もまだまだ自分を守るような考え方をしてしまいます。

成長思考を取り入れて、どんどん進んでいきましょう。

物事の結果は、プロセスが機能しているかどうかの指標にすぎない



この考え方はめちゃめちゃ大事ですね。


なにか達成したいことがあった場合、達成したい目標を具体的に数字などでわかりやすく決定する。

そしてその目標達成のためのプロセスとして、いくつか具体的な方法を実践する必要がありますよね。



例えばブログなら、集客するための記事を10本、そこから収益をあげるための記事を3本書く。とか。

そこで、実際に目標とした記事数をそれぞれ書き上げたのに全く収益が上がらなかったとして、それは果たして失敗なのかということ。

成長思考ならば、これは失敗ではなく、「全く収益が上がらなかった」という結果は「最初に決めたプロセスが適切ではなかったために収益につながっていない」ということを示している、という考えになります。

なので、集客記事を書く際にKW選定をしっかり行うようにしたり、内部リンクから収益記事につながる道を整備したり、収益記事に心理学的要素を取り入れてみたり、プロセスの一部を変更・改善することで、よりよい結果を目指して行動を変えることができますよね。

この結果、収益が発生したならば、「新たに改善案として実施したプロセスが正しかった」というフィードバック・指標が得られることになります。




しばしば成功者が「そもそも失敗なんてものは存在しない」というのはこういうこと。

失敗というのは成功に必要な条件を割り出すための指標でしかなく、そのプロセスと結果の循環を繰り返していれば、いつか必ず成功すると彼らは知っているので、失敗を失敗と捉えないのです。



成長思考を自分のものにするにはどうすれば良いか、という手段のひとつにコンフォートゾーンからの意図的な脱却というものがありますね。

これはコーチングの考え方なのですが、コンフォートゾーンを抜け出して、ラーニングゾーンに身を置くことは、人が成長する上で最も大切なことのうちの一つだと思います。

動画内でも説明されているので、ここではこのくらいにしておきます。



さて、この成長思考を採用した上で、成功するためには「人から教わる」という要素を加える必要があります。

例えば、成長思考を採用したところで、学校の数学の教科書に書いてあるようなことをひとつひとつ自分で解明していたら、一生を使っても時間が足りませんよね。

学校の勉強なら当たり前と思うのですが、なぜか他のことだと「自分でやろう」と思ってしまいがち



一番早いのは、誰かがすでに循環させた「成功のためのプロセス」を上からなぞって自分のものにしていくこと



成長思考を取り入れた上で、素直に先人から学ぶことが、成功のための最短の道のりです。

自分にも今言い聞かせています笑

学びて富よ、富て学びよ。忘れずにいきましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました