【鳥肌】伊香保温泉街が感動体験をくれるテーマパークだった件について

タイトル通りで、伊香保温泉に行きました。
マジで鳥肌立って、感動しました。

何も考えずに温泉を楽しむために伊香保温泉を訪れたんだけど、たまたま勉強してたことと重なって、「テーマパークやないかい」と思った話です。

マーケティングの例えとして、よく

「舞浜駅からディズニーランドまで、そしてディズニーを出てから舞浜駅に戻るまで」

みたいなことを聞くわけだけど、伊香保温泉でも言えそうじゃん?と思いました。

何がすごいって適当な看板とかでごまかしてるんじゃなくて、伊香保温泉街全体の景観でそれを実現してること。

温泉街の入り口にバス停があって、そこから始まる。

どこまで続くかわからない階段と、登り始めてすぐ右手に見える紅葉。

その紅葉が気になって登っていくと、なんだかやたらと明るい部分が階段の途中にあって。

何があるのかな?って思って登っていくと、射的などのお店やらお土産屋さんやらが出迎えてくれる。

その先には「先が見えず細くなっていく」階段が続く。

ここまで来るともう楽しくなっちゃって。

童心に帰って気づけば300段登らされてるってわけ。

という感じ笑。いやー、楽しかった。

実は、前日に軽く調べようと思って公式HP開いたらPR動画があって。

もうそれ見た時点で行きたかったので、街の外にも導線は引かれてましたと。

ある程度知識つくと何見ても勉強になるのがいいところだな、と最近つねづね思う。

同じものを見ても、得られる情報量がその辺のひとの2倍3倍になる。

人生楽しいっすね。

ではでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました