【大学生】一人暮らしのメリット・デメリット・感想

一人暮らしのメリット・デメリット・感想サムネ 学生

一人暮らししようか考えてるんだけど、
実際に一人暮らししてる人の意見が知りたい。

一人暮らし歴2年の僕が思う一人暮らしのメリット・デメリット、

あと正直な感想をまとめてみました。

まず目次を見てもらえれば大体わかると思います。




一人暮らしには向き不向きがあると思います。

この記事を読んで考えてみるのもありかもしれません。


一人暮らしの経験、まとめてます!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【大学生】一人暮らしのメリット


まず前提として、筆者は「一人暮らしサイコー!」派なため、メリットが多く書かれてますのでご注意ください。

一人暮らしは何もかも自分で決められる

やっぱり一番の魅力がコレ。

1日の予定も、寝る時間も起きる時間も、もちろん外的要因にもよりますが最終的に決定するのは自分です。

休みの日の前日なんて毎回ワクワクしながら翌日何するか考えるくらい。

一人暮らしで自分だけの空間が手に入る

こだわりがあるタイプの人は、自分の好きな空間を実際に作り上げる魅力にハマってしまうのでは。

筆者は落ち着いた色の家具で統一して、一人で幸せになってます

一人暮らしで物事の管理能力が身に付く

最終的にどうするかの決定権が全て自分にある状態なので、「あれは一回やめてとりあえずこっちから」みたいなことを、家事でも、生活の中でもずっと考えるようになります。

楽しく効率的に生活しようと思っているうちに自然にタスクをこなす力がついていきますね。

一人暮らしは同居人に気を使わないで済む

お風呂あがって半裸で部屋をさまよったり、言ってしまえばおならを遠慮なくできたり。

そんなことだけど、これがまあ快適なんです笑

あとテレビを見る人とかだったら、チャンネル論争なんかとはおさらばですよね。

一人暮らしは他人に邪魔をされない時間が多い


夜ののんびりする時間とか、ゆったりできる日の朝とか、自分の心ゆくまで自由にできます。

のんびり寝ようと思ってたのにいつもの時間に起こされた、なんてこと、実家ではよくあることですが、一人暮らしならそんなちょっとした煩わしさから解放されます



関連記事 >> 一人暮らしのQOLが入浴剤ひとつで限界突破

一人暮らしをすると家族のありがたみが心から実感できる


とはいえ実家は偉大です。

炊事・洗濯・掃除などマルチにこなしていた家族のすごさに気づかされますよ。

一人暮らしで自分の世話をするのも大変なのに、これを4人とかまとめてって…まじ?みたいな笑

もちろん、お金を稼ぐことの大変さも。

一人暮らしを選べば大学や職場に近いところで生活できる


これは一人暮らしする場合の部屋選びの話ですね。

大体実家からは遠い場所に通う必要がある際に一人暮らしが候補にあがると思うので、一人暮らしをしている人はその場所から近いところに住んでいることがほとんどですよね。

朝起きる時間が遅くて良かったり、遅い時間まで遊んでいられたり、勉強時間が確保しやすかったり、同じ大学生でも一人暮らし勢と実家勢で、自由度の違いはひしひしと感じます

一人暮らししている部屋に友だちを呼んで遊ぶのが楽しすぎる


筆者が人と集まって遊ぶのが割と好きなタイプなんですが、自分の部屋にの良い友だちを集めて遊ぶ時間は、本当に楽しいですね。

実家だと親がいて面倒とか、そもそも呼べないとかありますが、一人暮らしならどうとでもなります笑

一人暮らしなら、自分が思いたったタイミングで予定を変えられる

友だちに突然ご飯に誘われて、行きたかったけど、実家にご飯があるから仕方なく断った。

なんて、実家暮らしの方は一度くらいは経験あるんじゃないですか?

ご飯を事前に仕込んでいる場合を除いて、一人暮らしなんて帰って自分がご飯を作らないとご飯は出てきません。

こんな感じで全部自分がコントロールしているので、急に予定を変えて遊ぶことにしたり、逆に課題をやることにしたりと、めちゃくちゃ自由に行動ができます。

【大学生】一人暮らしのデメリット



さて、一人暮らしのいいところをたくさん紹介しましたが、もちろんよくないところが無いわけではなく。

デメリットも見ていきましょう。

一人暮らしは不意に寂しくなる


これは一人暮らしを始めてすぐの頃に特に多いのですが、夜とか、寒い時期とか、急に、

「あ、なんか、寂しいかも」

みたいな気分になります。これがしんどい、という人も結構いますね…。


関連記事 >> 一人暮らしの寂しい時間の埋め方3選【むしろ幸せ】


一人暮らしでも家事は変わらず面倒くさい


一人暮らしに慣れたら家事なんて楽ちんでできるようになる、みたいなことを考えがちですが、別に家事に慣れようが慣れまいが面倒なものは変わらず面倒です。

ご飯を食べた後に食器を洗うのは面倒くさいし、お風呂入るためにお風呂を掃除しなければならないのも面倒くさいし、冬場に冷たい洗濯物を触るのは誰だって嫌です。

でも、誰かがやらなきゃいけなくて、それを自分とか他の家族とかでうまくやっていたのが実家で、一人暮らしだと自分しかやってくれる人がいません。

効率がよくなることはあっても、気持ちが楽になるわけではないと思っています。

一人暮らしで堕落してしまう可能性もある


さて、自分の面倒を見れるのが自分だけ、という環境だと、何かの拍子に悪い方向に転んでしまうことも。

ちょっと辛いことがあって、やらなきゃいけないことを後回しにしてしまった結果、何もしない生活から抜け出せなくなってしまったり…。注意が必要ですね。

一人暮らしは、楽しみがないと暇になってしまう


毎日の生活の中に楽しみがないと、ふとした時に「暇だな」となってしまいます

1日の大半を占める学校や仕事関連のことを済ませた後に、楽しくできることがあった方がいいですね。


関連記事 >> 一人暮らし大学生が任天堂Switchをおすすめします。

一人暮らしの部屋は、生活様式によってはただの寝床になる


これは学生で言えば大学院に進学した人、社会人とかにありがちですが、本業関連のことが忙し過ぎて部屋でゆっくりなんてできない、という。

夜遅くに帰ってきてシャワーだけ入って泥のように眠って、翌朝も早く起きて何も食べず出て行ってしまう、みたいな。

こういった状態だと、一人暮らしをする利点がその目的地に近いことだけになってしまいます。

そのためだけに一人暮らしを選ぶ人もいるので、元々そのつもりなら何の問題もないと思います。

一人暮らしでは意外と生活費を抑えるのが難しく、貯金が難しい


大学生のうちにがっつり貯金がしたいなら、実家暮らしを選ぶべきです。

普通に過ごしているだけで、食費・光熱費・家賃・交際費・その他もろもろ、仕送りをもらっていても、相当意識をしないとお金は貯まりません

かくいう筆者もはじめのうちは「自炊すれば食費抑えられるんでしょ」とか思ってましたが、現実は意外に厳しい…。

工夫をすれば貯金はもちろん可能ですが、自然に貯まる、ということはなさそうです。



関連記事 >> 一人暮らしの大学生でも着実に貯金する方法【具体的なコツ】

一人暮らしをしている大学生の正直な感想

一人暮らし、最高!!!

冒頭にも記した通り、筆者は一人暮らし大好き人間です。まじで楽しい

一人暮らしの何が楽しい?


やっぱり、メリットでも記したように、ほとんどのことの決定権が自分にあるのが一番ありがたいこと。

最近あった例だと、実家暮らしの友人が日向坂のライブを見れる場所を探していて、当日に声をかけられて部屋に招き入れてそのままお泊まり会、みたいな笑

ものすごく無計画な遊び方ですが、今しかできないことと思って積極的に遊ぶようにしてます。

でもやっぱり、やらなければいけないこと・面倒なことは多々あります。

朝起きたら具合が悪くて、そんな日に限って食べるものが何もない…とかね。

要はメリットをとるか、デメリットを回避するかどうかだと思います。別にどっちがいいも悪いもなくて、自分と周囲にとってより都合の良い選択ができるのがベストだと思います。

一人暮らしをしたい人に注意してほしいこと


あと注意して欲しいことがひとつあります。

一人暮らしをひたら自分のやりたいことが好きなだけできる、と思っている人。



自分のやりたいこと・時間をたくさん使いたいことがあるとしてそれ自体が実家でできることなら、多分一人暮らしをするよりも、実家にいた方が効率的にそのことに取り組めます。


これは家事とか、自分のお世話をすることに時間が結構とられるので、案外「手放しな時間」は多くないからです。

この辺も考慮して決めてくれたら嬉しいですね。



親に頼れる状態でできる一人暮らしほど安心で楽しいものはないので、贅沢なことであると自覚しながら精一杯楽しむのが一番いいと個人的には思います。


一人暮らしが向いてる人・向かない人


筆者の主観で、こんな人には一人暮らしが向いてるよ、とか向いてないかな、とかを記してみました。

一人暮らしが向いてる人


①:週に何回はひとりでぼーっとする時間が欲しいと感じるタイプ

人と遊ぶこと自体はもちろん楽しいけど、たまには一人になる時間がどうしても必要で、そのための行動はおしまない、というタイプの人は一人暮らしに向いてます。

こういう人は「寂しいな」と感じたらそれを感じないために行動をおこせるので、一人暮らしをしてることへの辛さをあまり蓄積しないのかな、と思ったりします。

②:最低ラインを死守できるタイプ

なんだかんだ言って課題とかはちゃんと提出するタイプの人ですね。

こういう人は自分の中に「超えてはいけない最低ライン」のようなものがしっかりと構築されているので、それが日常生活にも適用されます。

ある程度のラインで自分をコントロールして快適な生活を送れるんじゃないかと思います。

一人暮らしに向かない人


①:何かだめになると歯止めが効かずどこまでも行ってしまうタイプ

例えば、ある授業の課題を一個提出し忘れただけで、「あー、もうこの授業切っちゃお」みたいなことを考えるような人は一人暮らしには向かないと思います。

まず自炊を諦めて、次に掃除をしないようになって、そのうち何もしなくなる、みたいなスパイラルに簡単に陥りそうですね…。

ちなみに筆者は歯磨きとかナチュラルにめんどくさくて、
そのまま寝てしまうこととかありますが、なんとかやってます笑


②:人の気配がないと眠れないタイプ

これは本当に文字通りの意味で、誰かがどっかで生活してるような気配がないと安心して眠れない、という人がいると思うんです。

そういう人は自覚もあると思いますが、一人暮らしには向かないと思います。

【大学生】一人暮らしのメリット・デメリット・感想:まとめ


一人暮らしは楽しいです。とてもとても。


でも、それはやらなければいけないことを最低限やった上での話です。別に一人暮らしに限った話ではありませんが。


自分が何を楽しいと感じるのか、とかを思い浮かべながら、家事等の面倒さと天秤にかけてじっくり考えてみると良いと思います。

しっかり考えて選んだことなら、一人暮らしでも実家暮らしでも、楽しく暮らせるはずですから。


でも、筆者は一人暮らし推し…というわけで、こちら側へいらっしゃい!



この記事がいいなと思ったら、SNSシェア等よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました