一人暮らし大学生と任天堂Switchの相性が最高過ぎた件

任天堂Switchレビュー記事サムネイル ゲーム機

よく知らないんだけど、任天堂Switchっていいらしいよね。

友達にすすめられたんだけど、どんなものなの?

任天堂Switchはご存知の通り、任天堂が販売してる最新ゲーム機です。

家でも家の外でも使えて、複数人で遊べるパーティゲームが多いのが特徴的。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

任天堂Switchの簡単な製品紹介



まずスイッチの基本情報を確認しましょう。

任天堂Switchの基本情報


価格32,970(税込)
対応ソフト数2,307本
オンライン有料/年2,400円
使用可能形態テーブルモード/テレビモード/携帯モード
任天堂Switchの概要



価格は税込で32,970円と、はっきり高いと言える値段ですね。

一方でPS4(無印)が同額、PS5が39,980円〜となっているので、現代の据え置きでプレイ可能なゲーム機としては普通と言える値段でもあります。
機械周りの費用は技術の発展につれて自然と高騰していきますね…。

対応ソフト数は多く、幅広い年代に対応しています。

オンラインプレイは有料ですが、まとめて一年分購入すれば、ひと月あたり200円なので、これは安価と言えます。

任天堂Switchのキャッチコピーが「いつでも、どこでも、誰とでも。」であり、複数のプレイスタイルで楽しめるのは任天堂Switchならではの特徴ですね。



ではここからは、ぐり(一人暮らしの男子大学生)の目線から、任天堂Switchの良い点、悪い点について説明していきます。


一人暮らし×任天堂Switchの良い点


  • 小回りがきく
  • 人と集まると盛り上がる
  • 集まらなくても盛り上がっちゃう


 

任天堂Switchは取り回しが便利


本体自体はとても小さくて薄いので、割と気軽にどこでも持ち運べます

電車で普通にスイッチで遊んでいる人も見かけますし、見てて「でかすぎでは」と思うほどでもありません。

通勤・通学のお供だったり、旅行にプラスアルファ要素として持っていったり、友達の家に持ち寄ったりと、様々な場面でマルチに活躍してくれる優れものです。

任天堂Switchは友達と盛り上がるのに最適なゲーム機


任天堂Switchで複数人でプレイできるソフトで有名なものとして、大乱闘スマッシュブラザーズや、マリオカート8DX、桃太郎電鉄、アソビ大全などがあるのですが、困ったことにれも最高に盛り上がってしまいます

大学生なんかで集まるとお酒を目的にしがちなんですが、スイッチがおいてあればお酒飲んでようが飲んでなかろうが関係なく盛り上がってしまいます。

友人を部屋に招いて楽しく過ごしてみたい、なんて思っている方には最適かもしれません。

スイッチをきっかけに新しい関係が築けたりしちゃって。

ちなみに無理に人と遊ぶ必要はなく、どうぶつの森なんかでのんびりライフを楽しむプレイスタイルの方もたっくさんいますよ。

任天堂Switchはオンラインでも盛り上がってしまう恐ろしいゲーム機


これは最近任天堂Switchが専用ボイスチャットを開発したこととも関係しますが、先ほど紹介したゲームはどれも、オンラインで通信しながら遠くの人と一緒に遊ぶことができます

様々な事情で集まるのが難しいことも多い昨今ですが、 “人と集まらないならスイッチはもったいない” なんてことは全くなく。

むしろオンラインでもカジュアルに複数人と遊ぶことができるソフトが複数あるのがスイッチの魅力です。

一人暮らしなんかだと、夜の一人時間にすることがないこととかある人もいるかと思いますが、スイッチを購入して一緒に遊ぶ相手を見つけてしまったら、そんな暇はどこにもなくなってしまいます…。

夜更かししながら友達とやるゲームの楽しいことと言ったら!


【動画】『全ての成功者に共通する思考法』から考えられること
【かけるだけ】一人暮らしのズボン収納はこれひとつでOK

一人暮らし×任天堂Switchの悪い点

とても優れたゲーム機だけど、気にならない点が全くないわけではないよ。

  • 純正の拡張品が高価
  • 付属のJoy-Stickが壊れやすい
  • 付属品だけだと最大2人プレイ


 

任天堂の純正品はどれも非常に高い


スイッチを購入すれば当然、そのまま遊ぶことが可能ですが、遊ぶうちにより快適にプレイしたいと思うようになるのは自然なことです。

そうすると、プロコントローラ(以下プロコン)というスイッチ専用のワイヤレスコントローラなどの購入が視野に入るのですが、実はこのプロコンがとてもお高いんです。



一つ購入するだけで7,000円ほど。品質は十分良いのですが、コントローラひとつがソフトよりも高額というのは少し気になります。

任天堂Switch付属のJoy-Stickは壊れやすい


スイッチの液晶の両側についている特徴的なコントローラをJoy-Con(以下ジョイコン)と言うのですが、困ったことに意外と壊れやすいという問題があります。

様々な操作方法を実現するために、コントローラのスティック部分が押し込める形状になっているのですが、それが仇となってスティックが潰れやすくなっています。

ひょんなことでも壊れてしまうことがあるので、注意が必要です。

任天堂Switchだけを購入しても実は2人でしか遊べない


スイッチはパーティゲームに向いている、というイメージをお持ちの方が多いと思うのですが、実はスイッチ本体を購入した時から4人とかでワイワイ遊べるわけではありません

3人以上で一つの端末でプレイをしたければ、追加でジョイコンやプロコンなどの適正品を購入する必要があるのです。

さらに、先ほど説明したプロコン同様、ジョイコンも8,000円〜と非常に高額です。



3人以上の複数人でプレイするのはオンラインのみ、と初めから決めておくならともかく、複数人でプレイしたければ結局40,000円近くの費用が必要になります。


もしゲームキューブコントローラとその接続タップがあるなら、
任天堂Switchでも使用可能です!


一人暮らし×任天堂Switchをおすすめする理由【これからでも全然OK】


それでも僕は、スイッチの購入をおすすめします。理由は以下の通りです。

  • 親子でも友人でも
  • 使いやすさはピカイチ
  • 値段に見合うだけの価値はある


 

任天堂Switchは親子でも友人同士でも遊べる


最近のゲームは発達がすごくて、大体の場合、子供が遊んでいるようなゲームを親は理解してあげられないことが多いです。

ですが、スイッチのソフトの中には、難しい知識などを必要としない、感覚的なゲームや、懐かしのアナログパーティゲームをソフトに落とし込んだようなものがあるので、世代を超えて楽しむことができます

任天堂Switchそのものが非常に使いやすい


これはPSシリーズのアカウントシステムと比較しての筆者の主観ですが、スイッチはゲームを始めるまでの設定や、ゲーム自体の設定などが非常にシンプルで使いやすいです。

ゲームを始めるまでの設定が多すぎてうんざりしてしまう…なんてことも、スイッチではまずありません。

一度使い始めてからも、突然設定が変わってよく分からなくなってしまうなんてこともなく、購入後は故障などの場合を除いてずっと快適に遊び続けることができます

任天堂Switchは高価だけど、値段に見合うだけの価値があるよ!


もちろん筆者の主観に過ぎませんが、任天堂Switchを購入後2年以上遊んできた中で、本体価格が高過ぎた、と感じたことは一度もありません

純正の周辺機器が高価なのは、新しく何かが欲しくなった際に少し気にはなりますが、そもそも周辺機器の購入を検討するのはスイッチでもっと楽しく遊びたいと思っているからですよね。

本体も周辺機器も決して安いと言える価格ではないですが、値段に見合うだけの楽しさ面白さを提供してくれるのは間違いなしです。

何かちゃんとしたゲーム機を買いたい、
と思うならスイッチにしとけば間違いなしです。

一人暮らし大学生と任天堂Switchの相性は最高:まとめ


もちろん33,000円近い本体価格や付属品は、どれも決して安くはありませんが、それに見合う価値は十分にあります

毎日の生活をもうひと回り、楽しいものにしてくれること間違いなしですよ。


 


コメント

タイトルとURLをコピーしました